コラム

最新の技法ウォールバリア多彩仕上工法をご紹介!

外壁サイディングが石目調(表面に凹凸のあるもの)の方には必見です!


「せっかく気に入ってオーダーした石目調のサイディングは、次の塗り替えで一色のべた塗りになっちゃうんだろうなぁ・・・」

「今の柄のあるサイディングが気に入っているからクリアー塗装にしたいけど、サイディング表面の劣化があるとクリアー塗装はできないと言われた・・・」

そう思っていた方にお伝えしたいのが、スズカファインのウォールバリア多彩仕上工法です!

通常の弊社の外壁塗装では、下塗り後に上塗りを2回行い丈夫な塗膜を形成しています。

ウォールバリア多彩仕上工法では下塗りの次に1回目の上塗りをします。これはベースとなるべた塗りです。

その後最新の技法でサイディングに石目調の模様を新たに作り、最後にクリアー塗装で仕上げるという方法です。

上塗りが3回もあるので、さらに丈夫な塗膜になるというメリットもあります!

 

石目模様を再現するウォールバリア多彩仕上工法


ウォールバリア多彩仕上工法は、デザインはが標準色(2色仕上げ)で11パターンも種類があります!

施工事例はこのようになります。





またこちらは3色仕上げのウォールバリア多彩仕上工法の施工事例です。



カラーとパターンを組み合わせると、デザインの幅が広がりますね。

周りの家とは一味違う、人目を惹く素敵なお家になること間違いなしです!

 

ウォールバリア多彩仕上工法の施工方法を紹介します!




 

豊橋・豊川地区でウォールバリア多彩仕上工法の外壁塗装なら【ありがとうの家】にお任せを!


外壁塗装を行うリフォーム屋さん・塗装業者さんは数多くあれど、ウォールバリア多彩仕上工法は特殊な技法の為研修をクリアした業者しかできません。

せっかくお家のアクセントとなる石目調サイディングなら、次の塗り替えでもよさを活かしたいですよね!

外壁の塗り替えのタイミングは、塗料の劣化のタイミングです。それは10年以上が目安です。

  • 〇外壁サイディングの色褪せ

  • 〇外壁サイディングを指でこすると塗料が粉になって指に付着する

  • 〇外壁サイディングのつなぎ目のコーキングが痩せている・ひび割れている


こうしたことが塗り替えのタイミングの目安といえます。

すでに塗り替えのタイミングになっている方も、もう少し先かな、という方も

次の塗り替えではぜひウォールバリア多彩仕上工法を検討してみてはいかがでしょうか。