コラム

賢くおトクにリフォームをするために知っておきべきこと Vol.2

2019年7月28日(日)

◆リフォーム施工事例から相場をチェック◆


今回のコラムでは、リフォームの場所ごとに掛かる費用を、施工事例から紹介していきます。
具体的なリフォームが決まっていなくても、事例を見て希望のリフォーム内容のプランを立て始めるのもよいかもしれません。

□浴室

浴室のリフォームで弊社の扱いが一番多いのは、在来工法の浴室をユニットバスにする例です。

在来工法の浴室に多いタイル張り、ステンレス浴槽は冬場寒いという声をよく聞きますが、ユニットバスに変更することで浴室の保温性が増してヒートショックの心配も少なくなります。お風呂のお湯の温度が下がりにくく、沸かし直しの際にもコストを抑えることができて、経済的です。

またユニットバスは水はけの良いタイルの床材もありますので、毎日のお掃除が格段に楽になったというお声も聞かれます。

浴室リフォームの相場は90から300万円と言われています。なぜ費用に大きく幅があるかというと、既設を解体してみてわかる柱や土台の傷みや水漏れなど、追加費用が掛かる場合があるからです。

最初から柱などの補強工事を想定して多めの予算を組んでおくと、その他の出費を抑えることもできます。

□トイレ

トイレリフォームでは、便座や便器の交換だけでしたら8から20万円程度で済みますが、内装の工事を伴うと20から60万円程度です。壁クロスと床のクッションフロアーを貼り替えて、タンクレスのトイレにするとおしゃれなトイレに生まれ変わります。

一方、和式トイレを洋式トイレに変更する場合は、解体から土台組、造作やクロス張り、便器の設置があり最低80万円程度といわれています。工事期間も1週間ほどかかりますが、高齢者に使い易く介助もしやすい洋式トイレへの工事は、人気のリフォームです。

□キッチン

キッチンのリフォームは、リフォームの方法や選定するシステムキッチンのグレードによって大幅に金額が変わってきます。

ざっくりした目安ですと、ミニキッチンの交換で25万円程度。新規設置や交換の場合は100万円程度。ただし、キッチンを元あった場所から移したりキッチンの形を変更(I字型からL字型など)、アイランドキッチンにしたい場合などは、150から250万円以上掛かります。

このようにキッチンのリフォームは給排水管のやり替えやガス管のやり替え、電気工事などが伴うことから、システムキッチン本体の価格ほのかに工事代金に余裕を持たせた予算を組みましょう。

□外壁・屋根

外壁の塗り替え時期の目安は、塗料の耐用年数が10年毎といわれています。塗り替えは外観の美しさを保つだけでなく、紫外線から建物を守る役割をしています。

定期的な塗り替えをしない場合、汚れや錆、コケで美観が損なわれるだけでなく、古い塗膜が剥離したりコーキングの劣化から雨水が染み込んで建物をそのものにダメージを与えます。

費用は建物の大きさにもよって変動しますが、平均的な4LDK2階建てで120から150万円程度です。ただし、塗料の耐用年数を大幅に超過して劣化が激しい場合は、さらに費用が掛かってきます。

□玄関ドア

玄関ドアは、古くなったり強風などで歪むことがあります。
玄関ドアサッシには様々な種類とグレードがあります。防犯性の高いものや断熱性の高いもの、通風サッシ、デザイン性の高いものなどです。

家の顔ともいえる玄関ドアは、金額だけにとらわれずデザインや性能でよいものを選択したいですね。なお、弊社の場合、既設のドアサッシ枠を利用するカバー工法で、1日の施工で取り換えが可能です。

 

◆マンションリフォームの場合、相場と期間はどのくらい?◆


マンションを振るリフォームする場合、相場ももちろん気になるところですが、近隣の居住者の方への配慮や期間も気になるところだと思います。

相場からお伝えすると、水廻りや居室をすべてリフォームする場合、相場は200から800万円と言われています。平均的な価格帯は300から400万円といわれています。

期間は、戸建てのリフォームに比べると長くなる傾向にあります。それは、リフォームの申請や手続きを管理者経由で行う必要があることと、共同住宅であることから騒音・振動の配慮で工事できる日程や時間帯が限られてくるためです。

工事期間は、リフォーム内容によって変わってきますがおおよそ10から40日といわれています。その他管理者への連絡や近隣への挨拶を含めると、着工までに2から4カ月掛かるといわれています。

いかがでしたでしょうか。リフォームと一口に行っても、各所によって相場が様々です。リフォームをそろそろ考え始めたら、このコラムを参考に大まかな予算の組み立てをする所から始めましょう!

 

いかがでしたでしょうか。ひとことにリフォームといっても、多くの事例がありました。リフォームをおこう際にはリフォームの種類や費用、期間をよく考えたうえで、計画的な準備を先に行いましょう。
そして、「やって良かった!」とおもえる大成功のリフォームにしましょう!