リフォーム施工事例

ダイニングキッチン、物置リフォームほか

ダイニングキッチン、物置リフォームほか

キッチンは、タカラの「エマージュ」を選定されました。高品位ホーローでお手入れが簡単に行なえます。キッチンの横に家電収納を置き家事動線も考慮しました。また床の張り替えと壁と天井をクロス張りにしました。

Before

ダイニングキッチン、物置リフォームほか
お客様名K様
施工エリア豊川市財賀町
リフォーム期間

3週間半

費用

ダイニングキッチン・物置リフォーム、サッシ交換、外壁張り 280万円

お悩み・ご要望

ダイニングキッチンをリフォームしたい。使用していない浴室を物置場にしたい。また木製のサッシをアルミサッシに取り替えて欲しいとのことでした。

ここがポイント

  • 使用しなくなった浴室部分を解体して、物置の一部としました。また、木製窓をアルミサッシに取替気密性をアップしています。

    使用しなくなった浴室部分を解体して、物置の一部としました。また、木製窓をアルミサッシに取替気密性をアップしています。

  • 物置の湿気対策として、壁に通気窓を取り付けました。(写真奥開口)

    物置の湿気対策として、壁に通気窓を取り付けました。(写真奥開口)

  • 木製の窓が使いづらくなって居たので、今回、アルミサッシに取替える事になりました。既設の内法に合せオーダーで製作しました。

    木製の窓が使いづらくなって居たので、今回、アルミサッシに取替える事になりました。既設の内法に合せオーダーで製作しました。

  • 北面の外壁がもともと張られておらず、土壁が表しになって居たので、今後の事を考え角波トタンを張りました。

    北面の外壁がもともと張られておらず、土壁が表しになって居たので、今後の事を考え角波トタンを張りました。

施工前

ダイニングキッチンの床が、経年劣化と湿気でベコベコしていました。

使用されていない浴室を物置として使用されたいとのことでした。

木製のサッシは使い勝手が悪く、アルミサッシにしたいとのことでした。

床の張り替え

古いキッチンを解体し、劣化していた床も剥がしました。

床の解体が終わり、新しいキッチンに合わせて配管を入れ直しました。

床下断熱材を敷き詰め捨て貼り用のベニヤ板を張り、仕上げのフロアー合板を張っている所です。2重張りをすることで丈夫な床になります。

施工中

壁の化粧合板にベニヤを張りクロス下地にしています。

システムキッチンの取付に取り掛かりました。キッチン奥には不燃化粧板を張って、普段のお手入れのしやすさに考慮しました。

システムキッチンの取り付け後、壁・天井のビニールクロスを貼っていきました。

ありがとうの家より

ありがとうの家より

HPを見て御来店下さいました。当初はキッチン改修のみでしたが、現場でお打ち合わせする中で、サッシ交換や昔使っていたお風呂を納戸にするなど、構想が膨らんでいきました。完成のご感想を伺うと「こんなに立派になるとは思わなかった」とお喜び頂けました。K様大変にありがとうございました。