リフォーム施工事例

吹き抜けを納戸に改修し、和室も改修しました。

吹き抜けを納戸に改修し、和室も改修しました。

吹き抜けに床を張り、納戸として利用したいとのことでしたので、梁を入れてから床下地を組み、床と壁を造作しました。その後壁にクロスを貼って、吹抜の上に立派な部屋が出来上がりました。納戸の床は、階段で頭を打たないように一段高く造りました。

Before

吹き抜けを納戸に改修し、和室も改修しました。
お客様名M様
施工エリア豊橋市東大清水町
リフォーム期間

約2週間

費用

吹き抜けを納戸に改修、和室改修 89万円

お悩み・ご要望

吹き抜けに床を張り、納戸として利用したい。2階の和室をフローリング張りにしたい。また1階の和室の床の間を収納として利用したいとのことでした。

ここがポイント

  • 床を上げた分、玄関天井は高く開放感があります。

    床を上げた分、玄関天井は高く開放感があります。

  • 玄関にはカウンタータイプの下駄箱を取り付け収納を充実させました。

    玄関にはカウンタータイプの下駄箱を取り付け収納を充実させました。

  • 2階の和室は畳敷きからフロアー張りに変更し、また押入の中にハンガーパイプを設置して使い勝手に考慮しました。

    2階の和室は畳敷きからフロアー張りに変更し、また押入の中にハンガーパイプを設置して使い勝手に考慮しました。

  • 2階和室を畳からフロアー張りするに当たり、撤去した畳の厚み分の調整を行ってから床板を張りました。

    2階和室を畳からフロアー張りするに当たり、撤去した畳の厚み分の調整を行ってから床板を張りました。

  • 1階の和室は、利用頻度の少ない床の間を収納とするリフォームを行いました。開き戸用の枠を入れ、2段床をフラットに組み直して、枕棚とハンガーパイプを取り付けました。

    1階の和室は、利用頻度の少ない床の間を収納とするリフォームを行いました。開き戸用の枠を入れ、2段床をフラットに組み直して、枕棚とハンガーパイプを取り付けました。画像の一番左が、床の間からリフォームした収納です。

  • 床の間を収納にリフォームしている作業の様子です。開き戸の為の枠が入り、床がフラットになって、枕棚とハンガーパイプが設置されています。

    床の間を収納にリフォームしている作業の様子です。開き戸の為の枠が入り、床がフラットになって、枕棚とハンガーパイプが設置されています。

ありがとうの家より

ありがとうの家より

当初伺った時には「1部屋増やしたいので増築して下さい」と言われましたが、只お客様のおっしゃる通りにするのではなく、一緒にベストな方法を考えるのがプロの仕事だと信じておりますので、「なぜ」という理由を聞く中で吹抜を納戸にするということで全てが繋がり、問題を解決することが出来ました。玄関・和室の収納とも、すべて御満足頂けて大変に良かったです。M様ありがとうございました。